男性器美容形成塾のセミナー開催 パート2 手術編

パイプカット 包茎 男性器治療ドクター・カウンセラーのブログ 長茎術

男性器美容形成塾のセミナー開催 パート2 手術編

前回の講義編の続きです。

午後からは、新宿のクリニックに移動して、ライブサージェリーでした。

ライブサージェリー

1例目は、下腹部にかなり脂肪があり、陰茎が完全に体内に埋没している重度の埋没陰茎であり、長径術包茎手術を行いました。
包皮の内板と外板の境である絞扼輪が、陰茎中央付近にあり、デザインにも苦労する症例でした。
症例の写真はブログに出せないのですみません。

午前中の講義を振り返りながら、デザインを行い、安全性に配慮し、痛みを最小限にして、効果を出し、傷跡を目立たなくする方法で手術を進めていきました。
こんな感じで、手術室には全員入りきれなかったので、モニターにも映してもらいました。

男性器美容形成塾のセミナー開催 パート2 手術編

男性器美容形成塾のセミナー開催 パート2 手術編

私の体が傾いているのは、ベッドの構造上、斜めを向かないと手術ができなかったためです。

2例目は、陰茎の根部を切開するバックカット法の手術と、精管切除術(パイプカット術)のデモを行いました。
こちらは、1例目とは違って、比較的簡単な手術ですが、痛みを少なく、出血をほぼ無く、傷跡を目立出せない形を見せることができました。
精管切除術は、短時間、最小限の傷で簡単に行えるコツを伝えることができたはずです。

最後に修了認定証を参加された皆さんに渡しました。

男性器美容形成塾のセミナー開催 パート2 手術編

このライブサージェリーを企画していただいたJAASアカデミーの岡野さん、手術室を課して頂いた新宿のクリニックのスタッフの方、そして参加していただいた先生方、手術を受けてくれた患者様方、大変ありがとうございました。
このライブサージェリーを通して、自分も大変勉強になりました。
今後の診療に生かしていきたいと思います。

後日談(2017年7月5日追記)

先日行ったライブサージェリーについての記事が月間「健康と医療」に掲載されています。

男性器のライブサージェリーの記事が月間「健康と医療」に掲載されました

このセミナーのおかげで、参加されたドクターから時々患者さんをご紹介をいただいています。
ありがとうございます。

にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ コンプレックスへ
にほんブログ村

関連記事