包茎手術の料金トラブル パート1

包茎 男性器治療ドクター・カウンセラーのブログ

包茎手術の料金トラブル パート1

昔から、包茎手術の料金トラブルはとても多いです。

今回は、包茎手術の料金トラブルの一例である「広告で安い治療費用を見てクリニックに行ったが、高い治療を勧めてられたパターン」について解説します。

近年の傾向

下の表は、2011年~2015年の男性の美容医療サービスに関する相談件数です。

包茎手術の料金トラブル パート1
独立行政法人国民生活センター

約半数は包茎手術です。

こちらは「国民生活センター」のHPに2019年に掲載された記事です。

包茎手術、薄毛治療など、男性の美容医療トラブルに注意!−受診はインターネット検索で公的機関の注意喚起情報を調べてから−(発表情報)_国民生活センター

このように、昔から包茎手術のトラブルが続いています。これは、氷山の一角で、現在も毎日被害者が出ていると思われます。

相談内容には、上記の国民生活センターのHPにも記載がありますが、

「包茎手術が7万円でできると思ったが、不安をあおられてオプションを付加され、約100万円を超える手術が掛かってしまった。」

などや、

「広告では、7万円~10万円とのことだった。クリニックで10万くらいの手術を受けたい旨を伝えたところ、安い手術だと汚い仕上がりになると言われ、高い手術方法を勧められ総額約80万円の契約で、即日手術となった。」

などがあります。

では、どうして7万円~10万円と広告して、実際には10倍程の金額の治療になってしまうのでしょうか。それを解説していきます。

包茎治療 2つの方法

包茎手術は、単純に手術方法を説明すると、下の図のように包皮の一部を切除して縫い合わせます。ただ、この切除する範囲によって、治療後の傷の位置が違ってきます。

包茎手術の料金トラブル パート1

この図のように切除すると、

包茎手術の料金トラブル パート1

このように、傷痕が陰茎の中央寄りにでき、また、縫い合わせた皮膚の色の違い(亀頭側が薄く、根本側が濃い)のため、「ツートンカラー」と呼ばれる状態になってしまいます。

包茎手術の料金トラブル パート1

この図のように亀頭のすぐ下から皮膚を切除すると

包茎手術の料金トラブル パート1

傷口が亀頭の下に隠れ、傷痕が目立ちにくくなります。この方法は、クリニックによりますが「亀頭直下埋没法」などと呼ばれています。

この方法であれば、先ほどの「ツートンカラー」になりません。

見た目だけで考えると、この方法が優れているように思われますが、先ほどの「ツートンカラー」になる方法もいくつかメリットがあります。
ですので、大きく二つの方法が存在していることになります。

このようなケースは要注意!

消費者センターに相談があったようなクリニックでは、この「ツートンカラー」になる方法が「広告に掲載されている安い費用の治療」で、「亀頭直下埋没法」が「高額な治療」になっていることが多いです。

他にも、オプション商法と言って、

  • 糸の種類を変える。
  • 縫い方を変える。
  • クランプと呼ばれる器具を使わず、手でデザインして行う。

などなど、治療代金に加え、いろいろなものがプラスされて、高額な治療になります。

オプション商法については、今後また詳しく解説します。

同じ包茎手術を行うのに、数万円から10倍ほどになってしまうのもおかしな話です。

包茎であるというコンプレックスを抱えた患者さんに、「一生に一度しかしないので、せっかくなら良い治療を」と言葉巧みにドクターやカウンセラーが誘導していると思われます。

当院の包茎治療について

当院では、両方の治療を患者さんの状態によって使い分けており、料金も当然どちらの方法を行っても同じです。メリットとデメリットを考え、患者さんに説明し、最大限に綺麗になるように行なっています。

追加の費用が発生することはありません。

当院の2021年8月現在の治療費用(税込)は

仮性包茎
77,000円
カントン包茎
132,000円
真性包茎
165,000円

です。

少しでもトラブルに巻き込まれる方が減るよう、このブログを通して正しい情報を発信していきます。

この治療についてさらに詳しく

仮性包茎治療をご覧ください。

カントン包茎治療をご覧ください。

真性包茎治療をご覧ください。

ブログ、SNS

包茎、長径、増大、パイプカット、性病など男性器の正しい情報 | はてなブログ

美容外科医 曽山浩輔 | Twitter

お問い合わせ、ご予約はページ下記「お問い合わせ」よりお電話・メールでお願い致します。

セイコメディカルビューティクリニック 曽山浩輔

関連記事