長茎術 Q&A

長茎術と組み合わせる治療はどういったものがありますか?

包茎治療、亀頭/陰茎増大治療、シリコンボール治療、ED治療薬の処方など長茎術と組み合わせて行なうことができます。

長茎術で軽度な包茎であれば改善することができますが、余分な包皮が多い場合は同時に包茎治療を受けられる患者様も多くいらっしゃいます。
どの治療を組み合わせるかはカウンセラーまでお気軽にご相談下さい。

治療効果はどのくらい持続しますか?

当院の長茎術の効果は半永久的です。

なかには「切らない長茎術」と称して陰茎を引っ張りだし、糸で固定するだけの治療を行っている美容クリニックがありますが、効果は一時的な上につっぱり感が常にありますのでおすすめいたしません。

当院では陰茎の根元を切開、陰茎を引っ張り出した状態で、しっかりと靭帯を固定する外科手術「埋没陰茎長茎術」を行います。
固定が解けない限り、半永久的な効果が期待できます。

長茎術は高度な技術が必要になりますが、経験豊富な医師が丁寧に治療を行います。

治療後にどれくらい大きくなったか確認できますか?

治療前と治療後、それぞれ患部の写真を撮ります。

定規をあてながら撮影しますので治療前と治療後の違いがひと目でわかるようになっています。

長茎術はどんな方に有効な治療法ですか?

  • 陰茎がお腹の肉に埋もれてしまう方
  • 寒い日などペニスが縮こまってしまう方
  • 短小を改善したい、もっとペニスを長くしたい方

長茎術は陰茎の根元を切開し、陰茎と結びついている靭帯を緩め埋まっている陰茎を引き出した状態で靭帯を固定する治療法です。

結果として陰茎が2~5cm長くなります。

陰茎がお腹にうもれて小さくみえてしまう方や、短小がコンプレックスの方には非常に有効的な治療方法です。
陰茎が長くなることによって軽度の包茎であれば改善することができます。