確実に避妊がしたい

妊娠を希望しない場合は避妊は必要不可欠

日本では多くの場合、避妊にはコンドームが選択されています。
しかし、コンドームは破損や外れるなどのリスクがあります。
また、コンドームを着けるタイミングなどもあり避妊の失敗率は2~18%もあると言われています。

また、海外ではコンドームを使用する人が日本に比べてかなり少ないようです。

妊娠を望むのではなくカジュアルにセックスを楽しみたい時には、避妊は必要不可欠です。
どのような避妊方法があるのか、メリット・デメリットなどを考えてみましょう。


避妊には、大きく分けて女性が主体で行うものと男性が主体となって行うものの2種類があります。

女性主体

  • 経口避妊薬(ピル)
  • アフターピル
  • 避妊シール
  • インプラント
  • 基礎体温法(リズム法)
  • 子宮内避妊具
  • 避妊手術

男性主体

  • コンドーム
  • 膣外射精
  • 避妊手術

女性主体の避妊方法で一番失敗するリスクが少なく比較的簡単に行えるのはピルなどの薬剤を服用することです。
海外では、男性用の経口避妊薬の研究もすすんでいますが、まだ実用化はされていません
女性の避妊薬は、女性ホルモンの分泌を高めて脳に妊娠していると勘違いさせて排卵を抑えるものですが、男性用は逆に男性ホルモンを抑えて精子の分泌を抑えるので、性欲も抑えられてしまうなどのさまざまな問題点があり、なかなか進まないようです。

女性主体の避妊方法に比べ、男性主体の避妊方法は手術以外は失敗するリスクも高く方法としても少ないです。
徐々にピルを服用する女性も増えてきていますが、女性の体に負担をかけたくない。女性だけに避妊を任せずに男性サイドからも十分に避妊を行いたいと思う男性は多いようです。

コンドーム

男性器にゴム製のカバーをし、女性の膣内に精液が入らないようにするものです。
挿入前に装着しなければ、十分な避妊は行えません
日本で一番行われている避妊方法な一方で、性感が薄れるなどの理由により、使用を好まない男性も多いです。

メリット

・安価
・手軽に避妊が出来る
・早漏防止
・性病防止

デメリット

・劣化・品質・装着時に破損してしまうことがある
・突発的なセックスの場合、所持していない場合がある
・サイズが合って時や行為により、外れてしまう場合がある
・行為の度に装着しなくてはいけない
・ムードが壊れる
・性感が薄れる


膣外射精

射精の前に男性器を膣外に出し、膣外で射精を行う方法です。
男性器は射精前から精液が漏れ出ていることがあります。
また、外で出すつもりがちょっとだけ中で出てしまった。
2回、3回と続けてセックスをした場合、尿道に前回射精した精液が残っていた。
などの理由により、避妊に失敗するリスクは非常に高いです

メリット

・性感が薄れない
・お金がかからない
・準備などがいらない

デメリット

・避妊に失敗するリスクが非常に高い

避妊手術(パイプカット)

一番避妊の失敗がなく、効果の高い方法です。

術後に性欲が落ちるのではと心配される方もいらっしゃいますが、性欲・精力・勃起力など術前と変わりません
精液のほとんどは前立腺から分泌される液です。前立腺からの分泌液と睾丸(精巣)からの精子が合わさって、射精時に精液となります。精液中の精子の割合は非常に少ないので、術後の射精時の精液量もほとんど変わりません
一度手術をすると生殖機能を復活出来る確証はない為、慎重に決断する必要があります。

メリット

・ほぼ確実に避妊が出来る。
・女性を妊娠させてしまう不安から解消される。
・性感を損なわない。
・一度手術を受けると、半永久的に避妊の効果を得られる。
・メンテナンスの必要もない。

デメリット

・手術を受けなければいけない。
・やはり子供が欲しいと思った時に生殖機能の回復の確証はない。

当院は、経験豊富な医師が施術を行います。
パイプカットの詳細に関しましては、こちらをご覧ください。

男性が出来る避妊のうち、避妊手術(パイプカット)は病院で行うしかありません
確実に手術を行うことはもちろん術後の傷跡が目立たないようにすることもセックスライフにとって、とても重要です。
当院は、男性器治療の経験豊富な男性医師が施術を行います。
パイプカットをしたいとお思いの方は、是非当院にご連絡ください。


POINT①

寝ている間に治療終了!

マスクから麻酔ガスを吸入し、寝ている間に治療を行なうため、痛みを感じることはありません。

吸入してから数分後に心地よい眠りに付き、目が覚めたら治療が終了しています。
また、麻酔導入時も注射針を使わないため痛みなく治療を受けることができます。

POINT②

痛みを最大限抑えた注射針!

当院・男性治療専門外来で麻酔に使う注射は極細針を使用します。
通常の注射針に比べて非常に細い針を使用するため、麻酔導入時の痛みは最大抑えられます。

POINT③

專門医が仕上がりの美しさを追求

ペニスの治療は高度な技術が必要です。
当院では專門医が長年の経験を元に患者様一人一人に合わせて施術します。
傷跡が目立たず、自然な仕上がりになるよう治療を行っています。

男性治療専門外来はあらゆる男性器治療に精通しています。
1回のご来院で複数の治療を受けられますので男性器のお悩みを一度に解決することができます。

お見積りや治療内容についてもカウンセリングでしっかりご説明致します。
事前にメールや電話でのご相談も承っておりますのでお気軽にご連絡ください。

組み合わせ可能な治療一覧
包茎治療 早漏治療
亀頭増大治療 陰茎増大治療
長茎術 傷跡修正・異物除去
シリコンボール挿入 シリコンボール除去
性病・STD治療 ED治療
亀頭・陰茎のブツブツ

料金表はこちら

男性治療

  1. 包茎治療

    男らしい見栄えになりたい、早漏を改善して自信を取り戻したい、男性器を清潔に保ちたい・・・ そういったご希望を日帰りで手軽に叶えるこ…

  2. ペニスの形や大きさ

    「ペニスが小さい」「パートナーに満足を与えたい」「ペニスが曲がっている」など、自分のペニスに悩みをお持ちの方は、たくさんいらっしゃ…

  3. 早漏治療

    早漏は男性にとって、心理的負担が多くコンプレックスに思っている方が多いです。 ED(勃起不全)に関しては、一時的なことであったり…

  4. 亀頭・陰茎のブツブツ

    亀頭や陰茎に出来るブツブツは、性病である尖圭(せんけい)コンジローマまたは、性病ではないフォアダイスのどちらかであることが多いです…

  5. 性病(STD)

    性病には、性器に限らず全身に症状が現れることもあります。 また逆に症状が出ず「知らない間に感染していた」なんてことも。 男女と…

  6. 傷跡修正・異物除去

    他院で包茎や亀頭増大などのペニスの手術を受けて、皮がまだ余っていたり、ツートンカラーが目立ったり、傷跡が酷いというお悩みで、ご相談…

  7. 男性器のパワーアップ

    「もっと女性を喜ばせたい」「マンネリ化したセックスを変えたい」など、性生活をもっと楽しみたい方に人気なのが、シリコンボール挿入です…

  8. ED治療

    歳を重ねるとEDになる方の割合は多くなりますが、その原因は歳のせいだけではありません。 若年層でも7人に1人は深刻な悩みを抱えて…

  9. 確実に避妊がしたい

    日本では多くの場合、避妊にはコンドームが選択されています。 しかし、コンドームは破損や外れるなどのリスクがあります。 また、コ…