男性治療

バイアグラ

圧倒的な知名度を誇るED治療薬

バイアグラは世界的に知名度および人気が高く、FDA認可の製薬なので安全性が高いことが特徴です。
当院では錠剤タイプとフィルムタイプを取り扱いしています。

ED治療薬とは?

ED治療薬は勃起不全、勃起力低下といった症状を改善することができます。
服用することで感度を下げる効果もあり、早漏防止にも有効的です。
またEDを克服することで、精神的なゆとりが生まれます。

ED治療薬のメリット

ED治療薬を服用することによって生じるメリットをまとめました。
(※効き目には個人差があります。)

  • 男性器に血液を送りやすくなり、持続力・硬さが増します。
  • 射精後の回復が早くなります。
  • 早漏の改善が期待できます。
  • EDを克服することで精神的なゆとりが生まれます。

服用すれば勃起するの?

ED治療薬を服用されたことのない方によくある誤解ですが、服用すれば勃起する薬ではありません。
また、性的興奮を促したり、精力を強化する作用もありません。
ED治療薬のはたらきは、あくまで勃起時の持続性や硬さをサポートすることです。
ただし、健康的で豊かなセックスライフへの補助になる事もまた事実です。
製薬について正しく理解し、正しく服用しましょう。

ED治療薬はネットで購入できる?

最近、ED治療薬はネット通販でも購入できるといった広告をよく見かけます。
患者様からネット通販で購入しようか迷っていると相談されたこともありますが、ネット通販での購入はおすすめ致しません。
ネット通販はリスクが高く、ED治療薬の製薬会社も注意喚起を促しています。
安易にネット通販を選ばずにメリット、デメリットよく理解してから購入することをおすすめ致します。

バイアグラについて

もともとED治療薬ではなかった?

ED治療薬として世界各国で販売され、抜群の知名度を誇るバイアグラですが、元は狭心症の薬として開発されていました。
狭心症の薬としては途中で治験中止となったものの、その過程で陰茎の勃起を促進する作用がある事が発見されました。
1998年にファイザー社よりED治療薬として発売され、1999年より日本国内での販売も開始しました。

当院での取り扱い

当院ではバイアグラは錠剤およびODフィルムの2種類(いずれも50mg)を取り扱いしています。

また、当院での取り扱いはありませんが、ファイザー社は他に25mg錠剤および100mg錠剤を販売しています。
ただし、100mgは国内での認可が無いため、日本国内の医療機関では処方されません。

それ以上の150mgや200mg規格も見受けられることもありますが、ファイザー社から販売されているのは最大100mg規格のため、ほぼ偽物と思われます。

バイアグラODフィルムのメリット

当院で販売を開始した「バイアグラODフィルム」はフィルム型のバイアグラです。
錠剤タイプにはない、次のメリットがあります。

  • 薄いシート状になっているため、財布などに入れ携帯する事が可能。
  • 舌の上で溶けるフィルムなので、服用時の水が不要。
  • 錠剤のように割れたり、欠けることが無い。
  • 同じ50mg規格でも錠剤とは異なる価格設定。

ご来院~アフターケアまでの流れ

注意事項

ED治療薬は、注意事項をよく守って服用すれば非常に安全で効果が高いお薬です。

しかしながら、重大な心臓疾患や内臓疾患を持っている方、ある特定の薬剤と併用して服用された場合は、非常に危険です。
医師の指示に従い、注意事項・用法用量を守ってください。

ED薬詳細

商品名

バイアグラ

国内発売年

1999年3月
2016年10月(バイアグラODフィルム)

主な有効成分

シルデナフィルクエン酸

特徴

世界的に知名度・人気が高い。
FDA認可済で非常に安全性が高い。

服用方法

性行為の1時間前に1錠を水かぬるま湯で服用。

効果がでるまで

約1時間

効果持続時間

約3時間

食事の影響

食事の影響を受けるため空腹時に服用。
食事後に服用する場合は2時間空ける。
グレープフルーツなどの柑橘類飲食中の服用を控える。
アルコールは適量であれば問題ない。

副作用

まれに頭痛、めまい、立ちくらみ、目の充血、顔の赤み・ほてり、鼻づまり、色覚変化、消化不良など

禁忌

  • 心臓、肝臓に重い疾患がある方
  • 過去にED治療薬の服用で強い副作用が出た方
  • 高血圧(170/100mmHg)または低血圧(90/50mmHg)の方
  • 脳梗塞、脳出血、心筋梗塞を半年以内に起こしたことがある方
  • 下記のお薬を常用してる方は服用できません。
    • 硝酸剤の薬(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド 等)
    • HIV治療薬(インビラーゼカプセル 、カレトラ錠 等)
    • 抗不整脈の薬(キニジン、ジソピラミド、アミオダロン  等)
    • C型肝炎治療薬(テラビック)
  • 現在服用中の薬がありましたら、お薬手帳など薬の名称がわかるものをご持参下さい。

どのED治療薬がベスト?

当院で取り扱いがあるED治療薬は4種類ございます。
「ED治療薬はどれが一番良いか分からない!」という方のために、それぞれを比較してみました。

ED治療薬 比較表

  バイアグラ レビトラ シアリス シルデナフィル
OD錠Ⅵ
国内発売年 1999年3月 2004年6月 2007年9月 2014年5月
主な有効成分 シルデナフィルクエン酸 塩酸バルデナフィル水和物 タダラフィル シルデナフィルクエン酸
特徴 世界的に知名度・人気が高い。
FDA認可済で非常に安全性が高い。
食事の影響を受けにくい。
服用してから効果発現まで比較的早い。
食事の影響を受けにくい。
非常に効果持続時間が長い。
ジェネリック(後発)品。
服用方法 性行為の1時間前に錠剤は1錠を水かぬるま湯で服用。ODフィルムは水なしでそのまま服用。 性行為の30分~1時間前に1錠を水かぬるま湯で服用。 性行為の30分~1時間前に1錠を水かぬるま湯で服用。 性行為の1時間前に1錠を水かぬるま湯で服用。
唾液で崩壊するため水なしでの服用も可能。
効果がでるまで 約1時間 約30分~1時間 約30分~1時間 約1時間
効果持続時間 約3時間 約4~5時間 約24~36時間 約3時間
食事の影響 食事の影響を受けるため空腹時に服用。食事後に服用する場合は2時間空ける。
アルコールは適量であれば問題ない。
食事の影響を受けにくい。アルコールは適量であれば問題ない。 食事の影響を受けにくい。アルコールは適量であれば問題ない。 食事の影響を受けるため空腹時に服用。食事後に服用する場合は2時間空ける。
アルコールは適量であれば問題ない。
副作用 まれに頭痛、めまい、立ちくらみ、目の充血、顔の赤み・ほてり、鼻づまり、色覚変化、消化不良など まれに頭痛、めまい、立ちくらみ、目の充血、顔の赤み・ほてり、鼻づまり、色覚変化、消化不良など まれに頭痛、めまい、立ちくらみ、目の充血、顔の赤み・ほてり、鼻づまり、色覚変化、消化不良、筋痛、四肢痛など まれに頭痛、めまい、立ちくらみ、目の充血、顔の赤み・ほてり、鼻づまり、色覚変化、消化不良など

まとめ

比較表をもとにそれぞれの薬の特徴を挙げるとこのようになります。

バイアグラ
長年の信頼性と安全性。知名度。
レビトラ
即効性。食事の影響が少ない。
シアリス
持続時間。食事の影響が少ない。
シルデナフィルOD錠Ⅵ
ジェネリック。バイアグラとほぼ同じ。

薬の効き具合はには個人差があり、服用方法や体調、コンディション等に左右されることもあるため、ED治療薬を飲み比べて実際の効果や感触を比較してみる方法もあります。

組み合わせ可能な治療一覧

男性治療専門外来はあらゆる男性器治療に精通しています。
1回のご来院で複数の治療を受けられますので男性器のお悩みを一度に解決することができます。

お見積りや治療内容についてもカウンセリングでしっかりご説明致します。
事前にメールや電話でのご相談も承っておりますのでお気軽にご連絡ください。


組み合わせ可能な治療一覧
包茎治療 早漏治療
亀頭増大治療 陰茎増大治療
長茎術 傷跡修正・異物除去
シリコンボール挿入 シリコンボール除去
性病・STD治療 亀頭・陰茎のブツブツ
パイプカット治療
料金表はこちら

ED治療薬

バイアグラ 50mg 1錠
2,200円(税込)
バイアグラ ODフィルム 50mg 1枚
1,320円(税込)

※処方は5錠からとなります。