仮性包茎治療

仮性包茎治療(経験豊富な医師のテクニックにより こだわりの仕上がりで男のプライドも上げる)

仮性包茎とは

仮性包茎平常時(非勃起時)に皮がかぶってしまっている状態を指します。
普段皮が被っているため、雑菌が繁殖しやすく不衛生になりがちです。

軽度〜重度の仮性包茎のタイプがあります。
軽度の場合は、勃起時に自然と包皮がむけますが、重度の場合は勃起時でも余分な皮が多く余り、亀頭が完全に露出しません。

包茎治療をするメリット

平常時も亀頭が露出し、見栄えが良くなる
包茎治療をされた患者様の中には「銭湯で堂々と歩ける」、「男として自信がついた」等のお声もたくさん頂いております。 男性にとってペニスは男らしさの象徴であり、とても大切な器官です。 亀頭がキレイに露出することでグッと見栄えが男らしくなります。
清潔に保ちやすくなる
不衛生にしてると、炎症を起こしたり、最悪の場合、性病になってしまう恐れがあります。 恥垢はウイルスの温床となりますので、包茎の場合はこまめに洗い、包皮内は乾燥させることが重要です。 性病ウイルスの一種、HPV(ヒトパピローマウイルス)と呼ばれるものがあり女性が感染すると子宮頚がんを発症するリスクが高まります。 そのため、ご自身のためだけではなくパートナーのことも考えて包茎治療を受けられる方も少なくありません。 包茎治療を受けることで、蒸れや恥垢溜まりを防ぎ、清潔に保ちやすくなります。
早漏改善に役立つ
包茎治療で早漏改善に役立てることができます。亀頭を露出させることで刺激に強くなります。

普段から包皮に包まれている亀頭は刺激に弱く、少しの刺激でも敏感に反応してしまいます。 亀頭を仮性包茎の状態から露出させることで刺激に対して耐性をつくります。

余った皮を取り除くことで刺激を抑える

余った包皮が亀頭を強く刺激することで早漏になる場合があります。 その場合も余分な皮を取り除くことで亀頭に強い刺激がかからなくなるので早漏を改善できます。

包茎の種類

包茎の種類(仮性包茎・真性包茎・カントン包茎)

仮性包茎
一番日本人の中で多いのが仮性包茎です。平常時は亀頭が包皮に覆われていますが、勃起時に自然に亀頭が露出します。
真性包茎
包皮口が狭く平常時、勃起時共に包皮に包まれ、包皮をむくことが全くできない状態の包茎を指します。包皮内に汗や恥垢が溜まりやすく、不衛生になりやすいというデメリットがあります。勃起時に痛みがある場合があります。
真性包茎治療の詳細はこちら
カントン包茎
包皮口が狭い為に陰茎が包皮に締め付けられてしまう状態の包茎を指します。性行為時に皮が裂けてしまったり、勃起時に痛みが生じる場合があります。
カントン包茎治療の詳細はこちら

当院の包茎治療の特徴

痛くない包茎治療

【全身麻酔】 寝ている間に治療終了!

マスクから麻酔ガスを吸入し、寝ている間に治療を行なうため、痛みを感じることはありません。

吸入してから数分後に心地よい眠りに付き、目が覚めたら治療が終了しています。
また、麻酔導入時も注射針を使わないため痛みなく治療を受けることができます。

【麻酔注射】 痛みを最大限抑えた注射針!

当院・男性治療専門外来で麻酔に使う注射は極細針を使用します。
通常の注射針に比べて非常に細い針を使用するため、麻酔導入時の痛みは最大抑えられます。

專門医が仕上がりの美しさを追求

包茎治療は高度な技術が必要です。 当院では專門医が長年の経験を元に患者様一人一人に合わせて包皮をカットします。 傷跡が目立たず、自然な仕上がりになるよう治療を行っています。

美容クリニックのなかには、「切らない包茎治療」といった効果がない治療や「クランプ法」といった不自然な仕上がりになるような治療が行われています。

包茎手術の方法

亀頭直下埋没法の手術方法

  1. 患部を消毒します。
  2. 平常時の皮の長さを想定して範囲を決定します。
  3. 余分な包皮を取り除きます。
  4. 亀頭近くまで包皮を引き上げます。
  5. 亀頭直下で縫合します。

ご来院〜アフターケアまでの流れ

包茎治療の流れ

組み合わせ可能な治療一覧

男性治療専門外来はあらゆる男性器治療に精通しています。
1回のご来院で複数の治療を受けられますので男性器のお悩みを一度に解決することができます。

お見積りや治療内容についてもカウンセリングでしっかりご説明致します。
事前にメールや電話でのご相談も承っておりますのでお気軽にご連絡ください。

組み合わせ可能な治療一覧
包茎治療 亀頭/陰茎増大治療
ED治療 長茎術
シリコンボール挿入 早漏治療
亀頭のブツブツ治療 性病・STD治療
傷跡修正・異物除去 パイプカット

料金表はこちら

 

男性お悩み相談室

包茎治療について様々な疑問にお答えします。

男性お悩み相談室はこちら

担当医師  曽山 浩輔

長年の男性器治療の施術経験から、患者様がご納得頂ける仕上がりに妥協を許しません。

《略歴》

  • ラ・サール高等学校卒業
  • 九州大学医学部平成11年度卒業
  • 九州大学医学部附属病院
  • 九州厚生年金病院
  • 福岡市民病院
  • 大手美容外科院長(東京、鹿児島)

《所属学会》

  • 日本抗加齢美容医療学会会員
  • 日本臨床毛髪学会会員
  • 日本産婦人科学会会員

メール・電話相談専用男性カウンセラーシステム

メール無料相談 男性治療相談フリーダイヤル

包茎に関するお悩み、ホンネ、なんでもご相談ください。 料金面や治療方法についてもご相談頂けます。

患者様をしっかりサポート

専属のカウンセラーと担当医がご予約時からアフタフォローまで一貫してサポート致します。
途中で担当医が変更になることはございません。

カウンセリング~治療の流れはこちら